北極どうぶつの哀愁がハンパない理由

地球上には140万種類の動物がいるというが、その中でも北極は愛され動物の宝庫だ。シロクマを始め、トナカイ、シロフクロウ、ペンギン、アザラシ、クジラ、ホッキョクギツネ、カモメ、セイウチなどがいる。その中でも特に人気のある5種類の動物を描いたマトリョーシカができた。

白い下地に深い藍色の線画を描き、アクセントにシルバー・ゴールドを使用した。玄関やリビングで場を和ましてくれるやさしい作品になった。

寒い国のどうぶつたちのマトリョーシカ

北極の氷の大地で生きることはとても過酷だ。あまりに過酷すぎて、生涯をずっと氷の上で過ごせる動物は限られているという。それが故に、ふてくされた表情からは否が応でも哀愁が漂う。地球の温暖化によって絶滅の危機にある彼らのことをこれから私たちはずっと気にかけないといけない。

Comments

Leave A Comment

お問い合わせ / Contact

Address

Fukuoka-ken Fukuoka-shi Minami-ku Shimizu

Phone

08040840987